キミに決めた!

30代サラリーマンのファション中心不定期ブログ

コスパ革靴比較 レイマーvsショーンハイト

2万円以下で手に入るグッドイヤーウェルト製法の革靴として候補に上がるレイマーとショーンハイト。

どちらもサラリーマンの強い味方ですが、正直どちらがオススメなのか?

もっと具体的に言えば仕事で使う黒のストレートチップを買い足すならどちらか。

 

ほぼ同時期に両ブランドを購入してどちらも週1ペースで1年以上履いているので比較してみます。

 

所有している靴はこちら

 

レイマーのレインシリーズ

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

レイマーは種類も価格帯も色々ありますが、2万円以下だとレインシリーズになります。

私が所有しているのは黒の内羽根パンチドキャップトゥ。

f:id:marinesoldier:20210812161707j:plain

1年以上履いた姿

手入れはほとんどしていません。

アッパーはそこそこ傷ついてきました。

 

ショーンハイトの既製靴

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

ショーンハイトの場合パターンオーダーが出来るのですが、2万円以下で手に入るのは勿論既製靴でゴム底のモデルです。

所有しているのは黒のダブルモンク。

f:id:marinesoldier:20210812161831j:plain

今の姿がこちら。

おろした時期、履く頻度、手入れ状況などはほぼ同じです。

 

革質

詳しいことは分かりませんが、感覚的にはショーンハイトの革質の方が良い気がします。

レイマーのレインシリーズは柔らかいというかもっちりしているというか。

踵なんかは柔らかすぎて、掴むとぐんにゃりします。

これが好きな人もいるかも知れませんが、リーガルの硬さに慣れている身からするとちょっと頼りなく感じてしまいます。

f:id:marinesoldier:20210812162048j:plain

履きジワがレイマーの方が浅いのも柔らかいからかと思います。

見た目には良いです。

 

デザイン

手持ちの靴はダブルモンクとパンチドキャップトゥなのでデザインで比べようがないのですが、爪先だけ比べるとキャップトウ部分の長さが違います。

レイマーの方が短いです。

ここが長いとキャップトゥ部分にシワが入ってしまうので長すぎるのは問題ですが、ショーンハイトも私は許容範囲内です。

 

 

アウトソール

どちらもゴム底ですがかなり違います。

まずはレイマー

f:id:marinesoldier:20210812233216j:plain

流石のビブラム。踵の外側は少し削れていますが耐久性は高いです。ダイナイトソールタイプで一年経っても見た目はほとんど変わらないですね。
 
続いてショーンハイト

f:id:marinesoldier:20210812233552j:plain

こちらは購入時から革底みたいな見た目のゴム底でしたが、1年経った今も見た目は革底っぽいです。
グリップ力や耐久性ではややレイマーの方が良いと思います。
 

インソール

f:id:marinesoldier:20210812163033j:plain

レイマーの方が削れてますが、サイズがタイト過ぎるからというのも要因かと思います。
この辺も足の形とフィッティングで個人差が出るので比較しづらい所です。
 
 

結論私が買い足すならどちらなのか?

ショーンハイトです。

冒頭で述べた通り、私の場合買い足すなら黒のストレートチップなのでデザインは特に関係なし。

となるとやはり革の質感の差でショーンハイトに軍配が上がります。

フィッティングの問題でショーンハイトのほうが満足度高いのも影響しているかもしれません。

 

因みに茶系の靴を買うなら確実にレイマーを選びます。

ショーンハイトの茶靴は写真で見る限りイマイチなのです。

レイマーの茶靴はかなりカッコ良いのでオススメですよ。

 

 

夏はアロハシャツ

ここ数年夏はアロハシャツを良く着ます。

f:id:marinesoldier:20210822121531j:plain


以前は私の中でアロハシャツはビーチリゾートでしか着られないキワモノ的な存在で、夏のトップスといえば断然ポロシャツでした。

それが今ではポロシャツよりもアロハの方が着る機会が多くなってきているのです。

街行くおじさん達でもアロハ着ているとつい目が行ってしまいます。


タンスの中でも存在感が増してきました。

f:id:marinesoldier:20210822130904j:plain

正式なアロハシャツはハワイアン柄でかつ開襟の物だけをいうらしいので、私のシャツはアロハ風も混じっています。


手持ちのアロハシャツは今のところ合わせやすい寒色系ばかりですが、更に一歩すすんでオレンジとか黄色の夏全開アロハにも挑戦したくなってきています。


アロハおじさんです。


この心境の変化はどこから来るのでしょう。

夏が暑過ぎるからなのか、

コロナでリゾートに行けないからなのか、

それとも私がおじさんになったからなのか。

世間的にも流行ってますか?


アロハでなくても派手目のボーリングシャツとかも良いですよね。

古着屋などで密かに狙っています。


LMCシャトルスタンダード6ヶ月経過

現在メインで穿いているリーバイス メイドアンドクラフテッドのシャトルスタンダード

色落ち経過報告です。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

前回の報告時に書きましたが、このジーンズの育成方針は夏に合うブルージーンズ。

無理せず普通に洗濯するという方針に沿い、前回報告からの3ヶ月間で2回洗濯しておりますので写真多めでお送りします。

 

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

穿き下ろし前にファーストウォッシュしているので半年で既に3回洗濯していることになります。

週末しかジーンズを穿かない私にとって、この洗濯回数は結構な頻度、因みに501CTは穿き下ろし2年半で洗濯3回です。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

 

色落ちに違いは出来るでしょうか、楽しみです。

 

2回目の洗濯は前回の記録報告直後、穿き下ろし3ヶ月目でした。

洗濯後ののっぺりとした姿をご覧ください。

f:id:marinesoldier:20210509123857j:plain

シワシワですね。

洗濯機のソフトモードで洗濯して、そのまま天日干ししてます。

洗剤はアクロン。

穿きジワがリセットされてしまいました。

うっすら付いていたヒゲは遠目には分からないレベルですね。

若干ねじれてきているのが左右の赤耳の位置の違いでわかります。

f:id:marinesoldier:20210509124315j:plain

後はこんな感じ。

前回報告したハチノスはマボロシでした。

まだまだこれからという感じです。

 

ここから10回くらい穿いた姿がコチラ

f:id:marinesoldier:20210626161810j:plain

膝出てますね。色はまだまだ黒いです。

f:id:marinesoldier:20210626162045j:plain

後ろはこんな感じ。

膝裏のシワも復活してますが薄いです。

ストレッチ入りだからなのか同じサイズでも元々501CTと比べるとフィッティングは緩いですし、この洗濯頻度だとハチノスは期待できないですかね。

 

3回目の洗濯後がコチラ

6月の梅雨の時期に洗濯してます。

f:id:marinesoldier:20210626200752j:plain

f:id:marinesoldier:20210627101448j:plain

光の加減が違うので、2回目より黒く見えてしまいますが、ヒゲが残ってます。

f:id:marinesoldier:20210626204720j:plain

後はこんな感じです。

やはりハチノスはリセットされてしまいました。

真ん中のベルトループがやたら色落ちしてますね。

 

今現在の姿

f:id:marinesoldier:20210803145447j:plain

暑くて7月はあまり穿いていないです。

まだまだ黒い。

ブルージーンズまでの道は遠いですね。

f:id:marinesoldier:20210805000033j:plain

ヒゲははっきり出てきました。

f:id:marinesoldier:20210805000540j:plain

後ろも記録

アーキュエイトステッチのないシンプルな姿。

これはこれで良いです。

f:id:marinesoldier:20210805000752j:plain

 

ポケット部分をよく見ると隠しステッチのアタリが出てきました。

 

自分の中では洗濯多めにしていますが、まだまだ黒いです。

涼しくなったら501CTと交代するつもりなので、それまでにどれだけ色落ちするか楽しみです。

スイムショーツの普段使いについて

久々の更新になってしまいました。

暑いので休日は短パンばかり穿いています。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

タイトルなんですが、スイムショーツを街着として普段から穿くのって世間的にはどうなんでしょうか。

個人的には全然ありだと思っているのですが。


夏用の短パンって派手な色の物も多いですから、見た目対して変わらなくないですか?

最近はそもそも水着なのかそうでないのか良くわからない短パン増えてますよね。

スイムショーツを買っても海やプールでしか穿かないのなら穿く機会ほとんどないですから、

街着としても使う前提で買うのもアリかと。

 

実際に普段から着ている姿がこんな感じ

f:id:marinesoldier:20210722190723j:plain

 

安心してください。

勿論中は普通にボクサーブリーフとか穿いてますよ。

さらに言えば海やプールに行く時は中にインナー用の水着穿いてますので直穿きはしないです。


f:id:marinesoldier:20210723100656j:plain

街ばきしているHANG TENの水着

HANG TENって老舗のサーフブランドなんですが、10代の頃は着るのなんか恥ずかしい位置付けのブランドだったんですよね。

PIKOにも同じ感情を抱いていたので、サーフブランド全般に対してのものなのか、はたまた近所のしまむらで売っていたからなのか。

おじさんになった現在はこのブランドだからどうこうという概念自体がなくなってきました。


子供が小さいと公園のジャブジャブ池と呼ばれる水遊びスポットに行くことも多いので、濡れること前提な水着で行くのオススメです。

古着 エディーバウアーの黄色いコート

これも最近古着屋さんで買ってしまった服です。

f:id:marinesoldier:20210430195917j:plain

エディーバウアーの黄色いステンカラーコート


ベージュのステンカラーコート持ってるのになぁ。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

イエローについて

私は黄色が結構好きなんだと思います。

黒、白、グレー、ネイビー、茶、カーキ、ベージュなどの落ち着いた男にとっての定番色は勿論好きですが、鮮やかな色を選ぶ時は黄色が多い気がします。

 

エディーバウアー

f:id:marinesoldier:20210430221416j:plain

アメカジの老舗ブランドですよね。

182cmの私がSサイズでジャスト。

なかなかアメリカンなサイズ感覚です。

世界で初めてダウンジャケットを市販化したブランドとしても有名で、このコートも裏地にはブランドシンボルであるカナダグースがたくさんプリントされています。

 

生地

f:id:marinesoldier:20210430221630j:plain

往年のアウトドア生地、ロクヨンクロス的なやつです。

雨の日に着ましたがベンタイルより断然雨を弾きますね。

ウレタンコーティングの将来的な劣化が気になりますが、今のところ大丈夫そうです。

劣化しても諦めが着く値段ですし。

 

 

着るとこんな感じ

f:id:marinesoldier:20210430121103j:plain

結構黄色いです。目立ちます。

レインコートとしても使うので視認性が良いに越したことはないと自分を納得させています。

キャンピングムーンのハイバックチェア

少しづつ増えていくキャンプ道具、今回はキャンプチェアです。

個々人の拘りが出るアイテムだと思います。

定番ブランドから新鋭ブランド、中華系のローコストブランドにホームセンターまで、ものすごい数のブランドがチェアを売り出しているので種類も豊富、選び甲斐があります。

自分に合ったチェアを求めて、出来ることなら実店舗で座り心地を試しまくりたいですが、このご時世ですし、なかなかそうもいきません。

加えて、コールマンやスノーピークなどの定番ブランドであればお店にも置いてますが、コスト削減のためにオンライン専売で店舗販売をしていないブランドが多いのです。

 

どのチェアにするのか

私の場合、カーミットチェアへの憧れから始まり、ハイランダーやフィールドア などのコスパの良い木製チェア、ニトリやカインズのチェア、最後まで悩んだコールマンのレイチェアなどを検討していましたが、最終的にはこちらに決めました。

f:id:marinesoldier:20210505160345j:plain

キャンピングムーンのハイバックチェア

 

camping moon

キャンピングムーンは中華系のブランドです。

中華系と聞いて皆様どうでしょうか?

私の場合、今更メイドインチャイナには不安などないのですが、そもそもが中国企画の商品ということで、正直なところ品質面が不安でした。

ですが、今のところかなり満足度が高いです。

 

良いところ、気になるところ両方レビューします。

 

良いところ①ハイバック

身長が180cm以上ある私でも頭を預けられます。ある意味リビングのソファより快適です。

f:id:marinesoldier:20210505160530j:plain

おじさんのステイホーム姿で申し訳ありません。

 

良いところ②座面高45cm

最近流行りのロースタイルではなく、ハイスタイルです。

因みにレイチェアはロースタイルでハイバック。

キャンピングムーンにもロースタイルかつハイバックのチェアがありますが、我が家のキャンプはロースタイルでもないですのでこちらに。足を投げ出さなくても座りやすく、立ち上がるのが容易で、深く座ればリラックスもできるこの高さが気に入りました。

 

良いところ③耐荷重120kg

レイチェアを含めて世のキャンプチェアは耐荷重80kgが多いのです。キャンピングムーンのチェアは表記ではレイチェアの1.5倍あります。

私の体重は一応80kg未満ですが、耐荷重ギリギリで使用するのは不安です。

120kgなら子供が膝に乗ってきても大丈夫です。

 

良いところ④座面の布地

焚火にも強い分厚いコットンを二重に使用してます。

ナイロン系より質感が良いし、耐久性もレイチェアより期待出来そうです。

 

気になるところ①木製ではない

お洒落なチェアはだいたい木を使っています。直接触るアームレストだけでも木を使っているタイプも多いです。

キャンプ道具はとりあえず木を使っているとお洒落に見えるのです。

私も当初は木を使用しているお洒落なチェアを探していましたが、最終的に購入したキャンピングムーンのチェアは手すりまで金属製です。

ヒンヤリします。

これで手すりが木製だと更にお洒落になると思いますが、デザイン的には及第点です。

 

気になるところ②収納サイズがでかい

畳んでも長さが1m以上あります。

我が家はミニバンでキャンプするのであまり気にならないですが、コンパクト性を求める人にはオススメできない大きさです。

 

総論

定価購入でしたが良いチェアが買えたと思います。

車キャンプ派で、車内の荷物スペースに余裕があって、私のような大柄な男性にはオススメです。

LMCシャトルスタンダード3ヶ月経過

現在メインで穿いているリーバイス メイドアンドクラフテッド(LMC)のシャトルスタンダード、3ヶ月経過の記録です。

GW中は結構穿いたので、ならすと週に二回程のペースでは穿いていると思います。

f:id:marinesoldier:20210505200735j:plain

夜に室内で撮影しているので写真が暗いですね。

穿きジワのせいか、前回の糊落とし失敗のムラはあまりわからなくなりました。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 ちなみに穿き下ろし後はまだ洗濯してません。

 

前のアップ

f:id:marinesoldier:20210505201220j:plain

うっすらとヒゲのようなものが出来かけています。

f:id:marinesoldier:20210505201641j:plain

相変わらずリーバイス感がない後ろ姿てす。

 

後のアップ

f:id:marinesoldier:20210505201844j:plain

まだLMC特有のアーキュエイトステッチのアタリは出ていないです。

私の場合いつも右ポケットにはハンカチを入れてるので、左だけアタリが出るのでしょうか。

それはそれで面白いかもしれません。

 

ハチノス

f:id:marinesoldier:20210505203325j:plain

まだハチノスといえるほど定着していないので洗濯したら消えそうですが、このまま穿いていけばハチノスになりそうです。

 

穿き心地と色落ちの方向性

501CTと比べると生地が薄く、ストレッチが効いていて、とにかく動きやすいです。

外遊びに持ってこい。

生地が薄い分これからの暑くなる時期にも耐えられるので完全に夏向きのジーンズですね。

今後は暑い時期はシャトルスタンダード、涼しくなったら501CTで穿き分けていきます。

また、同じように穿いて同じように色落ちしてもつまらないので変えていきたいです。

501CTはなるべく色を残すよう洗濯を控えていましたが、シャトルスタンダードは汗をかくシーズンに穿く分洗濯頻度を多めにして夏に合うブルージーンズを目指していきます。

また報告します。