キミに決めた!

30代サラリーマンのファション中心不定期ブログ

レッドウィング875のソールカスタム

当ブログで何回かご紹介している私の愛用ブーツ、レッドウィング875。

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

 

marinesoldier.hatenablog.com

 

長い間検討していたブーツのソールカスタムをついに実行しました。

約1ヶ月半の旅を終えてカッコ良くなって帰ってきた私の875をカスタムポイントと共にご紹介します。

 

全体

f:id:marinesoldier:20201101185914j:plain

やばい、カッコ良い。カスタムしてよかった!


失礼しました。

靴紐変えた印象も強いですが、白いオリジナルのソールから革のミッドソールと黒いアウトソールに替わる事で結構雰囲気が違います。

カスタム前の姿がこちら

f:id:marinesoldier:20201101223514j:plain

カスタム前ちゃんと写真撮っておけば良かった。

 

横からだとこんな感じです。 

カスタム前

f:id:marinesoldier:20201103230454j:plain

カスタム後

 f:id:marinesoldier:20201103194653j:plain

 横からの方がソールの違いが分かりやすいですね。


ビブラム700ソール&quabaugヒール

f:id:marinesoldier:20201101212921j:plain

ソールとヒールの組み合わせです。

オールソールするならヒール交換ができるセパレートとタイプと決めてました。

ビブラム700 はセパレートタイプで、アスファルトの舗装道路に強いらしいです。カスタムするにあたってビブラム100のゴツいコマンドソールも悩みましたが、すっきりとした700 にしました。ゴツいソールのブーツはマウンテンブーツも持ってるので。

 

ビブラム700ソールにはセットになるビブラム700ヒールがあり、quabaugヒールよりゴムの厚みがあって耐久性も期待出来るのですが、敢えてquabaugヒールにしました。

完全に見た目重視の選択です。

 

ヒールリフト

f:id:marinesoldier:20201101234804j:plain

もともとこのゴムと積み革の地層のような形状が好き過ぎてカスタムに踏み切ったようなものです。

個人的には積み革2枚半くらいでも良かったのですが、quabaugヒールの場合3枚半がオススメとのことで3枚半にしました。

因みにカスタム前

f:id:marinesoldier:20201101235052j:plain

だいぶ削れてたのでそもそも交換するタイミングですよね。

 比べると結構ヒールを高くしたことが分かります。

 

ヒールシェイプ

f:id:marinesoldier:20201101235326j:plain

ヒールはそのままではなく、カーブを描くように斜めに削っていただいております。

よりドレスシューズ寄りになりますよね。

 

再び全体

f:id:marinesoldier:20201101235542j:plain

ここまででブーツ好きな人は分かってると思いますが、今回のソールカスタムはホワイツのセミドレスというブーツのオリジナルソールとほぼ同じ仕様です。

ですが単純にセミドレスが欲しいわけではなく、レッドウィング875のこのモックトゥの形、オロイジナルのこの色でこのソール仕様がカッコ良いと思ってます。

 

お願いしたショップと料金

今回カスタムをお願いしたのはリブロスという滋賀県にあるリペア専門店です。

www.rebroth.com

最近ネットでの受付を強化しているみたいで、LINEで見積もり、集荷依頼が簡単に出来て、20%オフセールしていたこともあり、非常に良心的な料金で仕上げていただきました。

因みに今回のカスタム内容で13,600円です。

リブロスさんありがとうございます!!

 

履いた感じ

f:id:marinesoldier:20201103195722j:plain

ヒールが高くなって歩きにくいかと思いましたがそうでもないです。

これからまたガンガン履き続けます。